2017年01月21日

1月21日の記事




おはようございます。

今日は、長女の誕生日です。
トランプさんの大統領誕生は(20日) 私にとっては~長女の次です(笑)

長女の年齢なんぞ忘れてしまいそうですけど
誕生日であることは、間違いありません

長女に子供はありません・・・が・・・
やかましい 舅and姑 あり 最近、ちょっとした衝突があったようでした

娘は苦労して、自分で大学を出て、教員としてお勤めをしていましたが
それをやめて、田舎のお寺の住職さんに嫁しました

住職といっても、一応大学の教授なんですけど・・・(笑)


ここの舅さんは、私と同年

諍いの内容は、【洗濯物の干場の問題】



テーマは小さいが、どちらにも、積もるものがあるのでしょう
一言の愚痴も言わなかった長女が電話で【洗濯物】・・・について尋ねてきました


その話は
昔流に考えれば、見えるところに干したが悪い


でも、干すところがない
お寺なんて、どこにでも干場はありそうな気がしますが


下着でもないのに・・・「見えるところに干すな」と舅からのお叱り
黒幕は姑だと・・・娘は言います



お舅さんたちは、寺の権限を渡し、自由になり、目がますます、周りに開いたのね~
(´ヘ`;) う~ん・・・


私と同じ年じゃ、もう少し我慢・我慢とも言えない(まだ、長生きをしますよ~)




第三者的に言えば、寺の庭の片隅、小さな家に倒れそうな家に住んでいる~
そんなところに住まないで、「建て直せば良さそうなもの」と思うでしょ

建て直したりするのは、たとえ自分のお金であろうともいろいろ難しいようですよ(檀家さんとの関係で)
私は、何も口出しをしませんが・・・


もう、娘の方がしっかりしています
何とかなるのでしょう・・・ただ心配をしています。




でも、時代が変わりました



洗濯物の干場について


堂々とそれについて、こちらも大卒の元住職さんと理論で渡り合う娘

結果は聴いていませんが


娘も例え一人になっても、生きていける職業を持っています
実家の親が、余り、心配をしていないところが時代の変化ですね。



嫁・舅の問題が最近は紆余曲折して行われている
私にも、長男に嫁がいますが、あちらからの意見はいつも長男を通じてから来て

喧嘩にはならない

【触らぬ神にたたりなし】のようです。
それはそれで良い・・・と思っています。


この記事へのコメント
お嬢さん、大変そうですね…(-_-)…
家に主婦が二人は駄目なんですよ〜‼️
私も最近まで、家事が嫌いな同居の実母とカナリもめて
おりましたし、たまに主人の実家に帰れば義母から【味噌汁の具が気に入らナイ‼️どんな育ち方をしたのかしら‼️】と、大した事ナイような事を、徹底的にネチネチ言われました。
まぁ、主婦(女性)同士は永遠のライバルですし、義母を好んで結婚したワケではないから争いは仕方ないですが、お嬢さんが独りで家を出るよりは、ご両親が健康な間は、スープの冷めない距離で若夫婦でアパートで過ごしても良いかと思います。(^_^)
私の知人が無理に我慢して、精神科に通院するようになったり、
別の知人は、義母が動けナイ状態になってから若夫婦で家を出ることになったりしてニッチもサッチも行かなくなっています。
ウチは今、1人息子が結婚して同じ市内に暮らしていますが、盆も正月もノータッチです❣️
嫁の立場からしたら、盆正月に主人の実家で過ごすなんて悪夢だからです。(^_^)❣️あはは。私も気を使い、お金まで使って好きでもナイ他人のお嬢さんと無理に仲良くスルなんてまっぴら御免です。(^_^)❣️
ウチの主人の実家も宗教の教会なので…(-_-)…そりゃあ大変なんです…お嬢さんのご心中、少しは解ります。
Posted by 花わんこ花わんこ at 2017年01月21日 08:35
花わんこさま
コメントありがとうございます。

寺の敷地内で、棟は別になっていますから、その分いくらか良いのでしょう。
今日は誕生日でしたから、(毎年子供たちには電話を入れます。)
電話をしました、声が明るかったので、今のところ、少しは良いのか~~~と。

婿は、大学で仕事をしながら僧侶、娘は寺で寺の仕事をしています、生計は別です。
今、嫁を苛めては自分たちが損をします。
上げた手も、それとなく下したほうが利口だ、ということは充分理解されるでしょう。

舅さんは、これまで檀家さんにいろんなことを説いてこられました・・・が
檀家さんが「あの坊さん(舅)に良く仕えるね」と言われて、それが支えになっているようです。

ま、様子を見ていきましょう。

御心配ありがとうございました。
Posted by 和 at 2017年01月21日 22:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。